馬プラセンタの効果を知ろう|まさに万能薬です

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫暴走抑える乳酸菌の力

鼻をかむ女性

アレルギー対策は腸から

毎年春になると風物詩のようにマスク姿の人が急増します。花粉症に限らず、ペットの毛などが原因で1年中鼻をぐずつかせているアレルギー性鼻炎の人も少なくありません。こうしたアレルギー症状は花粉やハウスダストといったアレルゲンに対して、免疫機構が異常に反応することで発生します。鼻の粘膜にIgE抗体が過剰に作られた結果、侵入したアレルゲンと結びついて鼻水鼻づまりなどの症状を起こしているのです。つらい症状に耐えかねて耳鼻科を受診すると、鼻粘膜の炎症を抑える薬や抗アレルギー剤が処方されます。こうした薬はどちらかと言うと症状が出てから効き目が出る対処療法ですから、アレルギー予防というわけにはいきません。この他に花粉飛散前から薬物を投与する予防的療法や減感作療法も行われていますが、薬の苦手な人には敷居の高い方法です。もっと根本的にアレルギー体質を改善できる方法として、乳酸菌が注目を集めています。腸には免疫機構が集中していることから、腸内環境を整える乳酸菌の力でアレルギー症状も鎮まっていくのです。アレルギー対策はまず腸から、というのがアレルギー性鼻炎患者の間で新しい常識となりつつあります。

効率的な乳酸菌摂取方法

免疫機構を調節しているのは、Th1とTh2という2種類のヘルパーT細胞です。Th2細胞は外部から侵入した異物に対して攻撃を仕掛け、Th1細胞がこれを抑制することで通常は免疫系のバランスが保たれています。アレルギー性鼻炎を発症するとこのバランスが崩れ、Th2細胞が暴走してしまいます。ある種の乳酸菌にはTh1細胞を活性化させてTh2細胞を抑制する働きがあるのです。免疫系のバランス調節能力に優れた乳酸菌にはL-92菌やBB565菌、KW菌などがあります。LGG菌やR-1乳酸菌のパワーも見逃せません。ビフィズス菌も乳酸菌に負けない腸内環境調節効果を持っています。そうした有用菌を含む乳酸菌飲料やヨーグルトを摂取することで、免疫機構が正常化していくのです。しかしながら、ヨーグルトや飲料だけでは十分な乳酸菌の量を確保できないことがあります。空腹時にそれらを摂取しても、腸までたどり着く前に胃酸の作用で乳酸菌が死滅してしまうのです。その点で乳酸菌配合サプリメントなら胃酸にも強く、腸に到達する確率が高まります。アレルギー性鼻炎対策には、乳酸菌を最も効率よく摂取できるサプリメントが一番なのです。